企業がCO2削減に取り組む意義とは?

企業がCO2削減に取り組む意義とは?

脱炭素社会とは、地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの実質的な排出量ゼロを実現する社会です。

2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、日本の脱炭素化への取り組みは更に加速していると言えます。

環境配慮への意識が高まる昨今、脱炭素経営に取り組む企業が増えてきているのをご存じでしょうか。

企業のCO2削減の取り組みには、脱炭素社会実現への貢献に加えて「環境に配慮した企業ブランドの醸成」「経営面での効果」「持続的な経済活動」といった目的があるのです。

自社でできるアクションを1つずつ進めていくことが、大きな削減効果に繋がります。ぜひ手軽にできるところからCO2削減の取り組みを進め、企業のブランディングやコスト削減に活用してみてください。

特に、空調用電力はオフィスにおける電力消費のうち、48%を占めています。

弊社では最新の技術を利用し、AIが空調を自動管理する、人手をかけない理想的なビルメンテナンスを実現し、最大25%の空調コストを削減するソリューションを提供しております。

興味がある方はこちら から詳細をご確認ください。 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn