ニューノーマル時代におけるコスト削減のポイント

ニューノーマル時代におけるコスト削減のポイント

ニューノーマル時代における企業のコスト削減方法についてお話します。

コストの見直し・削減を行う上で、コストカットして良いものとダメなものを見極めることが重要です。


【避けるべきコスト削減の例】

1、従業員の生産性やモチベーションを下げること

2、ブランド力や企業の信頼を損なうこと

3、中長期を見据えた投資をやめること


では、どのような項目に着目して削減を実施すれば良いのでしょうか。


1、オフィス賃料

2、光熱費(電気代)

3、従業員の交通費

4、複合機をはじめとするリース製品

5、事務用品や使い捨ての備品


以上の5つの観点からオフィスのコスト削減を進めてみてください。


弊社では最新の技術を利用し、AIが空調を自動管理する、人手をかけない理想的なビルメンテナンスを実現し、最大25%の空調コストを削減するソリューションを提供しております。

企業側の金銭的負担や従業員の負担なく実施できるコスト削減の方法です。

興味がある方はこちら から詳細をご確認ください。 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn